各種講習会  救急法  水上安全法  雪上安全法  幼児安全法  健康生活支援講習  申込方法  指導員の派遣
高齢者の介護の方法のほか、高齢期を迎える前からの健康管理への備え、地域での高齢者支援についての知識と技術を習得できます。
申込方法
指導員の派遣について

これまでの家庭看護法の見直しを行い、平成21年度から「赤十字健康生活支援講習」に名称と内容を変更してスタートしました。
受講しやすいように講習体制を一部変更し、選択受講ができるようになりました。

平成21年度から資格継続研修が始まりました。
健康生活支援講習支援員資格継続研修について


内容
高齢者の健康と安全(2時間)
地域における高齢者支援(2時間)
日常生活における介護(8時間)
  (居室・移動・食事・排泄・着替え・清潔・認知症への対応・床ずれについて・
   在宅での看取りの要件・癒しのハンドケア・介護者の健康管理)
講習時間
12時間40分(検定含)
内容を選択して受講することもできます
受講条件
満15歳以上
定員
20名
教材費
900円
認定証等
全内容を受講し、検定合格者には、健康生活支援講習支援員認定証を交付
申込締切日
定員に達し次第締切

開催期日
時間
会場
申し込み受付
6/13(火),20(火),27(火)10:00〜15:00石川県支部終了
10/13(金),14(土),15(日)10:00〜15:00石川県支部終了
1/24(水),31(水),2/7(水)10:00〜15:00金沢赤十字病院受付中



 認知症の予防と対応

高齢化の進展に伴い、認知症高齢者はさらに増加傾向にあります。認知症の人が認知症とともによりよく生きていくことができるような環境整備が必要と言われています。
ここでは、認知症を正しく理解し、認知症高齢者の方への適切な対応の仕方について学びます。

内容
認知症の症状
認知症の原因
主な認知症とケアのポイント
認知症高齢者への対応
認知症の予防について
講習時間
2時間
受講条件
満15歳以上
定員
20名
教材費
100円

開催期日
時間
会場
申し込み受付
6/10(土)10:00〜12:00石川県支部終了
11/18(土)10:00〜12:00石川県支部受付中


 災害セミナー

災害発生時の避難所生活に焦点をあてて、被災者の不安を軽減し、不自由な生活からこころと体を守るために、知っておきたい知識や技術を学びます。
自分のため、家族のため、そして地域のために、あなたが支援できることはどんなことでしょうか。

内容
災害について
災害が及ぼす影響
気をつけたい病気や症状
避難所で役立つ技術(移動・清潔・リラグゼーション・レクリエーション)
講習時間
2時間30分
受講条件
満15歳以上
定員
20名
教材費
300円

開催期日
時間
会場
申し込み受付
6/25(日)9:30〜12:00石川県支部終了
8/26(土)9:30〜12:00石川県支部終了


 上記日程のほか、地域や職域等のご要望に応じて指導員を派遣しています。
時間・内容はご相談ください。(1〜3時間程度)
指導員の派遣について



平成19年4月から平成28年3月までに支援員の資格を取得(継続)された方は、資格継続研修を受講していただくことにより、資格をさらに5年間継続することができます。資格の継続をご希望の方は、お手持ちの認定証が以下の要件を満たすことをご確認のうえ、お申し込みください。
なお、救急員等の資格継続研修は、平成31年3月31日をもって廃止させていただくこととなりました。詳しくは、こちらをご覧ください。
内容
養成講習で学習した実技の復習
改訂のあった学科・実技
講習時間
4時間
受講条件
平成19年4月〜平成28年3月までの間に支援員の資格を取得(継続)された方で、取得してから2年以上経過した方(有効期限が1年未満の方)
定員
20名
教材費
400円
持ち物
支援員の認定証
認定証等
研修修了者は、有効期限5年間延長
申込締切日
定員に達し次第締切

開催期日
時間
会場
申し込み受付
2/24(土)
9:00〜13:00
石川県支部
受付中


定員に達し次第締め切ります。
開催日時・会場は、都合により変更(中止を含む)する場合があります。
当日は動きやすい服装、筆記用具をご持参ください。
昼食は各自でご用意ください。
教材費は講習初日に会場にていただきます。

 HOME    支部案内図    入札情報    広報紙    プライバシーポリシー    サイトマップ    リンク
 TOPへ

COPYRIGHT(C)JAPANESE RED CROSS ISHIKAWA CHAPTER. ALL RIGHTS RESERVED.