災害救護  国際活動  講習普及  赤十字奉仕団  青少年赤十字  医療  看護師養成  血液


平成19年3月25日(日)午前9時42分頃、能登半島沖にマグニチュード6.9の地震が発生し、輪島市、七尾市、穴水町では震度6強を観測、なかでも輪島市門前町に被害は集中しました。
石川県支部では地震発生後ただちに救護班を派遣し救護所を開設。各県支部と連携して医療救護活動にあたるとともに救援物資の配付を行いました。被災したショックやストレス等に対する「こころのケア」活動も同時に行い、被災者を精神的に支えました。また、赤十字奉仕団、防災ボランティアはこれまでの訓練を生かし、被災地の情報収集や炊き出しを行いました。
道路状況門前町の様子避難所の様子


1   医療救護活動(日本赤十字社全体)
救護班派遣期間3月25日〜4月17日(24日間)
医療救護班24個班(医師28名、看護師72名、助産師2名、薬剤師3名、
  臨床心理士1名、主事51名の計157名)
取扱患者数765名
こころのケア取扱件数314件
連絡調整員派遣人数40名
富山県支部救護班到着報告救護班派遣前の打合せ輪島市へ出発
日赤現地災対本部(門前会館)救護所案内(門前会館)救護所案内
救護所の設置(門前西小)診察受付(阿岸公民館)こころのケア(門前会館)
めやにの症状を訴える避難者の診察(門前西小)
被災者の診察(門前会館)点滴する被災者
医療活動を行なっている団体の全体ミーティング(門前支所)
巡回診療(鹿磯地区)こころのケア(門前西小)
日赤石川県支部災害対策本部医師会と打ち合わせ(門前支所)日赤災対本部帰還報告

2   救援物資の配付
 救援物資配付状況
毛布日用品セット緊急セット
3,850枚300セット150セット

 搬送先
輪島市穴水町
門前健民体育館
門前西小学校
ふれあい健康センター
門前支所
穴水町役場
川島林業センター
穴水町社会福祉協議会
救援物資荷積の様子
救援物資搬送出発
輪島市に到着

3   赤十字奉仕団の活動
 防災ボランティア
輪島市、穴水町へ救援物資を搬送
災害対策ボランティア本部でボランティアの受付

 無線赤十字奉仕団
被災地の情報収集

 地域赤十字奉仕団
輪島市門前西小学校、黒島公民館で炊き出し
県災害対策ボランティア本部でボランティアの受付
県災害対策ボランティア本部門前西小で炊き出し
黒島公民館へ届けます
うどんすき炊き出し
避難者へ配っている様子
能登地区無線奉仕団が現地の状況を伝えてくれました
無線室で奉仕団員と連絡
日赤石川県支部災害対策本部を手伝ってくれた青年奉仕団
青年奉仕団とJRCメンバーで募金活動
北村裕一氏が防災功労者内閣総理大臣表彰を受章しました
防ボラ協議会が防災功労者防災担当大臣表彰を受章しました

4   義援金の募集
能登半島地震の被災者を支援するため、全国のみなさまから多くの義援金が
寄せられました。
寄せられた義援金は、石川県、被災市町、石川県共同募金会、日本赤十字社
石川県支部、報道機関等で構成される「石川県能登半島地震義援金配分委員
会」へ全額送金し、被災者の支援に使われています。

寄せられた義援金(日本赤十字社石川県支部受付分)

42,780件   948,958,693円

みなさまのご協力、ありがとうございました。

たくさんの義援金が届きました

 HOME    支部案内図    入札情報    広報誌    プライバシーポリシー    サイトマップ    リンク
 TOPへ
COPYRIGHT(C)JAPANESE RED CROSS ISHIKAWA CHAPTER. ALL RIGHTS RESERVED.