災害救護  国際活動  講習普及  赤十字奉仕団  青少年赤十字  医療  看護師養成  血液
思いやりのある豊かな心を育てるために、青少年赤十字は学校教育の中でさまざまな活動を行っています。「健康・安全」「奉仕」「国際理解・親善」の3つを実践目標として、子どもたちが自ら気づき、考え、行動する力を育み、身近なところでの人道的な活動に取り組めるように支援しています。

青少年赤十字の活動は子どもたちが「人の命と尊厳」を大切にする人道的価値を身につけ行動することを目指しています。また、世界の平和と人類の福祉に貢献できるよう、青少年自身が日常生活の中で、望ましい人格と精神を自ら形成することを目的としています。


健康・安全・・・生命と健康を大切にする。
奉仕・・・人間として社会のため、人のためにつくす責任を自覚し、実行する。
国際理解・親善・・・広く世界の青少年を知り、仲良く助けあう精神を養う。


青少年赤十字では、児童・生徒が自主的で、自立した生活態度を養うために「気づき、考え、実行する」というスローガンを掲げています。


青少年赤十字には、学校全体、学年、クラス、生徒会、委員会、クラブなどの単位で加盟することができます。
青少年赤十字登録申込票に必要事項を記入し、日本赤十字社石川県支部までご提出いただくと加盟登録されます。登録後は、青少年赤十字関連の資料や書籍などを送付するほか、地雷の模型やパネルなど資材の貸し出しをいたします。
詳細はお電話でお問い合わせください。ご要望によりご説明に伺います。
青少年赤十字登録申込票 (Excel)


学校の授業などで児童・生徒に心肺蘇生を学んでもらう「救命手当短時間プログラム」を是非ご活用ください。(平成26年度は、JRCに加盟している中学校を対象に実施いたします。)
詳細はお電話でお問い合わせください。
救急法指導員派遣申込書(中学生のための救命手当短時間プログラム)〈Word〉

※学校教育のなかでの充実した心肺蘇生教育は、人命の尊さを知り、思いやりの心を育むことが期待できます。また、救命率の更なる向上にもつながると期待されています。



 リーダーシップトレーニング・センター
自主性と指導力を養い学校生活における良きリーダーの養成を目的に、小・中・高校メンバーを対象とした研修会を開催しています。
 募金活動
災害や紛争で苦しむ人々のために、メンバーが自主的に募金活動を行っています。
 中国紅十字会江蘇省分会との国際交流事業
平成22年度から中国紅十字会江蘇省分会と相互交流事業を行っています。



 総合的な学習の時間と赤十字の学習に役立つ資料集



 HOME    支部案内図    入札情報    広報紙    プライバシーポリシー    サイトマップ    リンク
 TOPへ
COPYRIGHT(C)JAPANESE RED CROSS ISHIKAWA CHAPTER. ALL RIGHTS RESERVED.