12月18日(日)、「赤十字ユースのつどい」をTKP金沢駅前カンファレンスセンターで開催し、青少年赤十字(JRC)の高校生メンバー、青年奉仕団、金沢星稜大学学生奉仕団など合わせて43名が参加しました。

午前中は日本赤十字社国際部の小川桂さんによる、シリアの難民問題と赤十字の人道支援に関する講演と、国際交流事業「Tokyo2016」に参加した錦丘高校1年の吉川さんの発表がありました。午後からは、「海外たすけあい」の街頭募金を金沢駅、名鉄エムザ、近江町市場、香林坊アトリオ前で行い、合わせて109,641円が集まりました。

参加者からは、「シリアの難民の現状をもっと多くの人に知ってほしい」「募金活動など、自分ができることをこれからもやっていきたい」といった声が寄せられ、これからのユース世代の赤十字活動の活性化が期待されます。

国際部の小川さんの講演では、自分たちと同じ
普通の人たちが被害を受けている実態を知りました
錦丘高校の吉川さんは、国際交流集会「Tokyo2016」に
参加して、臆せず挑戦する姿勢を身につけた、と発表
熱心に耳を傾ける参加者高校JRCメンバー、学生奉仕団、青年奉仕団など
総勢43名が参加しました
「海外たすけあい」の街頭募金では、大きな声で募金を呼びかけ、たくさんの方々にご協力いただきました。

青少年赤十字(JRC)についてはこちら
青年赤十字奉仕団についてはこちら
日本赤十字社の国際活動についてはこちら


 HOME    支部案内図    入札情報    広報紙    プライバシーポリシー    サイトマップ    リンク
 TOPへ
COPYRIGHT(C)JAPANESE RED CROSS ISHIKAWA CHAPTER. ALL RIGHTS RESERVED.