8月6日(土)、金沢駅西合同庁舎で、金沢地方気象台が主催、日赤石川県支部などが共催した「お天気フェア2016」が開催されました。日本赤十字社は気象庁と防災教育の普及に関して協力協定を結んでおり、石川県支部も昨年に引き続き、同イベントを共催しました。当支部のコーナーでは、赤十字安全法奉仕団の協力を得て、来場された約150名の方に、本物そっくりなきずを表現する「傷病メイク」や、救急法、無線通信、車イスなど、楽しく赤十字を体験してもらいました。

【傷病メイク】本物そっくりな傷をメイクで再現【救急法】身近にあるハンカチでも手当できます
【無線通信】すごい!ちゃんと聞こえたよ【無線通信】クイズの答えを無線で伝えよう
【車イス】押すのは意外と大変!【救援物資展示】災害発生時に配付する
緊急セット・安眠セット・毛布を展示


 HOME    支部案内図    入札情報    広報紙    プライバシーポリシー    サイトマップ    リンク
 TOPへ
COPYRIGHT(C)JAPANESE RED CROSS ISHIKAWA CHAPTER. ALL RIGHTS RESERVED.