5月15日(日)、金沢城公園(金沢市)で行われた「金沢城リレーマラソン」で、安全・青年・学生の3つの赤十字奉仕団員などから成る「赤十字AED隊」11名が初夏の金沢城公園を駆け抜けました。ランナーが倒れた時などにすばやく対応するため、AED(自動体外式除細動器)を背負って走り、大会の安全を陰から支えました。

五月晴れの下、メンバー全員が完走しました
AEDを背負って走ることで
ランナーに安心感を与えられました
金沢赤十字病院の参加チームと
一緒にPRを行いました

赤十字奉仕団については、こちら


 HOME    支部案内図    入札情報    広報紙    プライバシーポリシー    サイトマップ    リンク
 TOPへ
COPYRIGHT(C)JAPANESE RED CROSS ISHIKAWA CHAPTER. ALL RIGHTS RESERVED.