日赤石川県支部は、3月12日(土)と13日(日)に、金沢駅東もてなしドーム地下広場にて行われた「MROこどもみらいフェスタ」に合わせて、PRイベントを開催しました。赤十字の幅広い事業を知ってもらおうと、災害時にも役立つ赤十字救急法・幼児安全法や、モニターを見ながら内視鏡操作を楽しむ外科手術体験コーナーを設け、2日間で600名あまりの方々が来場しました。
東日本大震災から5年の節目を迎えたこともあり、被災地での石川県支部救護班の活動や、被災地に暮らす人々のメッセージが書かれたパネルを展示するコーナーを併設。被災地への応援メッセージも同時に募集し、170名の方々にメッセージを書いていただき、ボードに掲示しました。メッセージには「ガンバレ!東北人!故郷仙台を遠くから応援しています」や「いつかきっと明るい日がやってきます。信じて!」など、被災者を励ます温かい言葉がたくさん書かれていました。いただいたメッセージの写真は、被災地の日赤各県支部(宮城県・岩手県・福島県)に送付し、被災地に届ける予定です。

親子で体験、救急法ゲーム感覚で楽しい外科手術体験
東日本大震災に関するパネル展示どんな応援メッセージを書こうかな?
東北出身の方のメッセージも170の温かいメッセージが集まりました

日本赤十字社 東日本大震災復興5周年特設サイトはこちら
赤十字の活動についてはこちら


 HOME    支部案内図    入札情報    広報紙    プライバシーポリシー    サイトマップ    リンク
 TOPへ
COPYRIGHT(C)JAPANESE RED CROSS ISHIKAWA CHAPTER. ALL RIGHTS RESERVED.