6月25日(木)、「石川県ネパール大地震被災者救援の会」様より、ネパール地震救援金135,100円をお寄せいただき、青山利明会長様から日赤石川県支部の山崎事務局長に目録が贈呈されました。

救援金を寄託された青山会長(左から2人目)と会員の方々

今回お寄せいただいた救援金は、同会の会員の方々が、5月24日と6月21日の2日間、JR金沢駅東口や西口など金沢市内延べ4か所で被災者の救援を訴えながら街頭募金活動を行ったものです。募金活動に携わった会員の方からは、「世界の困っている人のためなら」と、幼児を連れたお母さんなど多くの方から真心のこもった善意が寄せられ感激しましたとの声が聞かれました。

日本赤十字社では、ネパール赤十字社および国際赤十字・赤新月社連盟と協力して救援・復興活動を実施するため、平成27年7月31日まで救援金の受付を行っています。

お寄せいただく救援金は、医療、保健衛生、給水、食糧配布、仮設住宅支援などのために使われる予定です。皆さまの温かいご支援をお願いいたします。

日本赤十字社のネパールでの活動の詳細は、こちらをご覧ください。


 HOME    支部案内図    入札情報    広報紙    プライバシーポリシー    サイトマップ    リンク
 TOPへ
COPYRIGHT(C)JAPANESE RED CROSS ISHIKAWA CHAPTER. ALL RIGHTS RESERVED.