6月1日(月)、金沢市立小坂小学校PTAから、小坂校下赤十字奉仕団の松本委員長を通じて、東日本大震災の義援金20万円が石川県支部に寄せられました。

松本委員長(右)から県支部の山崎事務局長に目録を贈呈

同校PTAでは、震災のあった平成23年から、被災地や被災者の方々への激励を込めて毎年募金活動を行っており、今年は5月11日〜13日の朝、PTA役員が学校の入口付近で、予め配布した封筒を保護者・児童から集め、資源回収等の収益金と合わせて寄せられたものです。「今年も募金活動で多くの義援金が集まってよかった」との声が役員の方々から聞かれました。

日本赤十字社は、東日本大震災義援金を平成28年3月31日まで受け付けています。 お寄せいただいた義援金は、手数料などをいただくことなく全額を、被災県に設置された「義援金配分委員会」に送金し、そこから、被災された方々へ届けられます。(赤十字の活動資金として使われることはありません)

引き続き、皆さまのご協力をお願いいたします。

東日本大震災義援金についてはこちら
地震発生直後からの日本赤十字社の活動についてはこちら


 HOME    支部案内図    入札情報    広報紙    プライバシーポリシー    サイトマップ    リンク
 TOPへ
COPYRIGHT(C)JAPANESE RED CROSS ISHIKAWA CHAPTER. ALL RIGHTS RESERVED.