11月29日(土)、金沢赤十字病院で、災害発生時の医療体制を確立し、迅速かつ適切な行動を行うため、大規模災害患者受入訓練が行われました。

赤十字病院からは、医師や看護師、技師、その他職員など計165名、また日本赤十字社石川県支部からは、特別奉仕団(安全法、青年、星稜大学生)の赤十字ボランティアスタッフ35名、総計200名が参加しました。

今回の訓練は、石川県加賀地方を震源とするマグニチュード7.0(金沢市震度6強)の地震により多数の死傷者が発生したという想定で実施されました。
病院では、診療エリアの立ち上げやトリアージ、症状に合わせた処置を行うなど、災害発生時に最善の救命結果を得るためのシミュレーションを行いました。

特別奉仕団は訓練に不可欠な模擬患者役を担当。様々な事故設定の中、外傷モデルキットや研修で学んだメイク技術、そして迫真の演技で、見るからに痛々しいきずを負ったリアルな模擬患者役を務めました。

今回の訓練を受けて、現状の体制に不足していること、改善が必要な点について検証を行うとともに、スタッフ一人ひとりが自らの役割を再確認し、赤十字の一員として「いのちを守る」決意を新たにするきっかけにもなりました。

石川県支部および管内施設では、災害への対応力を高めるべく、今後も様々な状況を想定した訓練の実施や参加を予定しています。

トリアージエリアで患者を選別緊急搬送でも次々と運び込まれてきます
症状に合わせた処置を施す傷病をメイクで再現しリアルな患者役を務めたボランティア
反省会では課題を提案、検証

災害救護活動についてはこちら
赤十字奉仕団(ボランティア)についてはこちら

金沢赤十字病院ホームページはこちら


 HOME    支部案内図    入札情報    広報紙    プライバシーポリシー    サイトマップ    リンク
 TOPへ
COPYRIGHT(C)JAPANESE RED CROSS ISHIKAWA CHAPTER. ALL RIGHTS RESERVED.