10月3日(金)、県立金沢錦丘中学校・高等学校の生徒会より、日赤石川県支部へ広島県大雨災害義援金をお寄せいただきました。

高等学校生徒会長の小嶋 翼くんは、「広島市がまだ全然復興していないことをテレビのニュースで知り、自分たちに何かできることはないか」と思い、すぐに生徒会の仲間に相談。9月のグッドマナーキャンペーン時に生徒や保護者に募金を呼びかけ、集まった56,650円を広島県大雨災害の義援金としてお寄せいただきました。

9月のグッドマナーキャンペーン時に募金活動錦丘中・高校の生徒会長たちから手渡されました

日本赤十字社は、8月20日未明の記録的な豪雨により大規模な土砂災害が発生した広島市の被災地に、中国・四国ブロックから17班の医療救護班を派遣し、避難所での巡回診療や「こころのケア」を行ったほか、救援物資を配付するなど、多岐にわたる活動を行いました。

なお、お寄せいただきました義援金は、手数料などいただくことなく全額が「義援金配分委員会」を通じて、被災された方々のお手元に届けられます。(赤十字の活動資金として使われることはありません)

皆さまのご協力をお願いいたします。

平成26年広島県大雨災害義援金についてはこちら
大雨災害における日本赤十字社の活動についてはこちら


 HOME    支部案内図    入札情報    広報紙    プライバシーポリシー    サイトマップ    リンク
 TOPへ
COPYRIGHT(C)JAPANESE RED CROSS ISHIKAWA CHAPTER. ALL RIGHTS RESERVED.