日赤石川県支部は、5月17日(土)から18日(日)の2日間にわたり、金沢駅もてなしドーム地下広場で、県内赤十字3機関(石川県支部、金沢赤十字病院、石川県赤十字血液センター)合同PRイベント「赤十字ふれあい広場」を初開催しました。

5月は赤十字の創始者アンリー・デュナン生誕の月、世界赤十字デーなど、赤十字にゆかりの深い月であることから「赤十字運動月間」として、全国各地でイベントを実施しています。石川県においても、県民の皆さまに広く赤十字の理念や活動を知っていただき、より身近に感じていただくためにイベントを開催しました。

当日は親子連れをはじめ大勢の方にご来場いただき、2日間あわせて約800名もの方に楽しく「赤十字体験」していただきました。ご来場いただいた方からは「写真を撮って缶バッジにできるのが良かった。子どもがAEDや救護活動にとても興味を持ったので、良い経験でした」「初めて参加し、いろいろ興味をもてたので、今後調べていきたい」といった声も聞かれました。

たくさんの方にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

赤十字は、多くの人々に支えられながら、地域の皆さまとともに活動をしています。
「苦しんでいる人を救いたい」それが私たちの活動の原点です。「命と健康を守る」赤十字の活動。今後とも、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

赤十字の活動(事業)についてはこちら

大人気の外科手術体験がんばれ!救急法体験
はじめての無線通信体験ステージで
金沢赤十字病院オリジナル「そくさい体操」を披露
赤十字150年写真展・救護資機材の展示救護服を着て はい、ちーず!


 HOME    支部案内図    入札情報    広報紙    プライバシーポリシー    サイトマップ    リンク
 TOPへ
COPYRIGHT(C)JAPANESE RED CROSS ISHIKAWA CHAPTER. ALL RIGHTS RESERVED.