10月27日(日)、日本赤十字社石川県支部は、石川県産業展示館で開催された「子育て支援メッセいしかわ2013」にブース出展し、子どもの健康と安全を守る幼児安全法の普及に努めました。

ブースでは、東日本大震災の活動紹介パネル、実際に被災地へ送られた緊急セット・安眠セットの展示ほか、子どもの場合の心肺蘇生、AEDの使い方、気道異物の除去を学ぶ体験コーナーを設置。子ども連れの家族の方から年配の方まで、54名の方に体験していただきました。

参加者からは「子どもに何か起こったとき、自分が一番に対応しなければいけない。今日は非常にいい経験になった」といった声が聞かれました。

赤十字では、いのちと健康を守る講習会を県内各地で開催しています。
12月7日(土)8日(日)と、来年2月15日(土)16日(日)、日赤石川県支部で幼児安全法の講習会を開催します。あなたも受講してみませんか?
詳細はこちら

また、地域や職場へ、ご要望に応じて指導員を派遣しています。
詳細はこちら

熱心に耳を傾ける参加者子どもの場合の心肺蘇生・AEDの使い方を学ぶ
パパ、がんばれ!!子どもの健やかな成長のために

 HOME    支部案内図    入札情報    広報紙    プライバシーポリシー    サイトマップ    リンク
 TOPへ
COPYRIGHT(C)JAPANESE RED CROSS ISHIKAWA CHAPTER. ALL RIGHTS RESERVED.