11月17日から18日、岐阜県各務原市において、日本赤十字社第3ブロック支部合同災害救護訓練が開催され、石川県支部から医療救護班と連絡調整員の計10名が訓練に参加しました。

この訓練は、大規模災害において第3ブロック各県支部(富山県・福井県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・石川県)が連携して救護活動にあたることを想定して毎年開催しています。

今年度は、岐阜県の根尾谷断層でマグニチュード7.5の直下型地震が発生したとの想定で行なわれ、消防機関と日赤DMATとの連携を確認したほか、各県支部に配備されているdERU(国内型緊急対応ユニット)の運用訓練、被災地病院の運営支援訓練などが行われ、各県支部救護班相互の連携を確認しながら実施されました。

dERUで医療救護訓練する日赤救護班


 HOME    支部案内図    入札情報    広報誌    プライバシーポリシー    サイトマップ    リンク
 TOPへ
COPYRIGHT(C)JAPANESE RED CROSS ISHIKAWA CHAPTER. ALL RIGHTS RESERVED.