羽咋市赤十字奉仕団の結成式が8月26日に羽咋市文化会館において、羽咋市地区長、紺綬有功会会長ご臨席のもと、奉仕団委員長等計40名が出席して開催されました。

結成式では、羽咋市地区長である山辺芳宣羽咋市長、紺綬有功会会長である荒木龍平氏から祝辞をいただいた後、式部事務局長から役員の方々へ委嘱状と奉仕団旗が手渡され、柳沢豊志委員長は「赤十字精神のもと、地域に密着した赤十字活動を推進していきます」と決意を述べられました。早速今年度の事業計画と事業予算が話し合われ、炊き出し訓練や献血運動のPRを実施することが決定しました。

羽咋市赤十字奉仕団は、昨年11月に開催した「石川県赤十字奉仕団大会」を契機に今回結成に至りました。今回の結成で石川県の全市に奉仕団が結成され、昨年奉仕団が結成された穴水町、珠洲市につづき、能登地区の奉仕団活動がますます活性化することが期待されます。

羽咋市赤十字奉仕団結成式

祝辞を述べる羽咋市地区長

決意を述べる柳沢委員長

役員に委嘱状が手渡されました

委員長に奉仕団旗が手渡されました

全員で集合写真



 HOME    支部案内図    入札情報    広報誌    プライバシーポリシー    サイトマップ    リンク
 TOPへ
COPYRIGHT(C)JAPANESE RED CROSS ISHIKAWA CHAPTER. ALL RIGHTS RESERVED.