昭和24年に本県で初めて奉仕団が結成され、今年60周年を迎えたことを記念して、11月15日(日)、県女性センターにおいて、各地域奉仕団員、関係者など約600名が出席し、赤十字奉仕団創設60周年記念「石川県赤十字奉仕団大会」を開催しました。

式典では、これまでの功労に対し、8奉仕団に金色有功章、7名に支部長感謝状がそれぞれ贈呈されました。
谷本正憲支部長(石川県知事)は、能登半島地震における奉仕団員の活動に触れ、「皆さんの活動は、被災者にとって大変心強かったです。今後も積極的な活動を期待しています。」と激励されました。

また、七尾市赤十字奉仕団の大山事務局長から活動報告がされたほか、今大会を契機に結成された新団紹介、各奉仕団のパネル展示も行われ、盛大に幕を閉じました。

赤十字奉仕団創設60周年記念「石川県赤十字奉仕団大会」

第一部式典のようす

小中委員長の式辞

大給総務局長から
金色有功章を授与
七尾市奉仕団の大山事務局長から
活動報告
金沢二水高校合唱部が
「あこがれの赤十字」を合唱
第二部アトラクションの
能登チョンガリ
各奉仕団のパネル展示

スタッフも奉仕団員

多くの奉仕団員の方が
来場されました


 HOME    支部案内図    入札情報    広報誌    プライバシーポリシー    サイトマップ    リンク
 TOPへ
COPYRIGHT(C)JAPANESE RED CROSS ISHIKAWA CHAPTER. ALL RIGHTS RESERVED.