8月16日(土)〜22日(金)、青少年赤十字海外交流事業として、JRCメンバー8名、指導者3名、支部職員1名をマレーシア赤新月社セランゴール支部へ派遣しました。

石川県支部では、青少年赤十字の実践目標の一つである「国際理解・親善」の推進を目的に、マレーシア赤新月社セランゴール支部と相互交流事業を行っています。

セランゴール支部表敬訪問では、マレーシア赤新月社の組織について説明を受け、意見交換会ではお互いの青少年赤十字活動について意見を交わすなど、両国の赤十字について理解を深めました。

また、学校訪問ではマレーシアメンバーが救急法のデモンストレーションやマレーシアの伝統的なダンスを披露。JRCメンバーはヨサコイソーランを踊り好評を博しました。また、以前日本へ派遣されたメンバーと再会を果たすなど、7回目の相互交流となることでつながりが広がっていることを実感しました。

JRCメンバーは、日本とマレーシアの生活文化の違いに驚きつつも、ホストファミリーやマレーシアメンバーの心温まるもてなしを受け、お互いの国と文化の理解と友情を深めました。空港ではマレーシアメンバーと冬の再会を約束し、別れを惜しんでいました。

主な派遣スケジュール
 マレーシア赤新月社セランゴール支部表敬訪問
 ホームステイ
 意見交換会
 学校訪問
 フェアウエルパーティ

石川県支部で出発式

セランゴール支部表敬訪問

みんなでマレーシアの
ダンスを踊ります
独立広場でマラソン大会の救護所を
開設していたマレーシア赤新月社に
出会いました
ツインタワー

意見交換会でお互いの活動に
ついて話し合いました
救急法のデモンストレーション

マレーシアのダンスを披露

学校訪問でたくさんのメンバーが
歓迎してくれました
折り紙に興味津々

フェアウェルパーティでヨサコイを披露

ホストファミリーに感謝を伝えます



 HOME    支部案内図    入札情報    広報誌    プライバシーポリシー    サイトマップ    リンク
 TOPへ
COPYRIGHT(C)JAPANESE RED CROSS ISHIKAWA CHAPTER. ALL RIGHTS RESERVED.