能登・金沢・加賀の3会場で「赤十字のつどい」が開催されました。「赤十字のつどい」は「世界の子どもたちを救おう!」をテーマに、赤十字奉仕団石川県支部委員会(赤倉準治委員長)が主催し、能登地区・金沢地区・加賀地区の3会場で毎年開催。今年で11年目を迎えました。各会場ではたくさんの来場者が訪れ、大好評でした。

 能登地区

開催日5月5日
開催場所七尾マリンパーク広場

・能登地区奉仕団 8奉仕団135名
七尾市赤十字奉仕団
輪島市赤十字奉仕団
かほく市赤十字奉仕団
津幡町赤十字奉仕団
内灘町赤十字奉仕団
志賀町赤十字奉仕団
宝達志水町赤十字奉仕団
能登町赤十字奉仕団
・参加したJRC加盟校 8校66名
小丸山小学校
山王小学校
天神山小学校
朝日中学校
東部中学校
七尾高校
田鶴浜高校
鵬学園高校
・赤十字活動紹介
バザー
ハイゼックスを用いた炊き出し体験
車椅子体験
AEDを使用した救急法の体験
メタボリック相談
防災グッズの展示
各奉仕団の活動パネル展示
JRCメンバーによる募金

能登地区の8奉仕団から135名の奉仕団員、JRC加盟校8校から66名のJRCメンバーが集まり、各コーナーで赤十字活動の紹介や募金活動を行いました。

メタボリック相談コーナーでは、体重・体脂肪の測定結果からメタボ防止のための生活指導が行われ、120名の相談者が訪れました。また、各奉仕団員から筍などの地元野菜から洋服、台所用品までいろいろなものが出品されたバザーは大変好評でした。

能登地区 開会式

バザーにはおいしい地元の
特産品がたくさん並びました
ハイゼックスを用いた
炊き出し体験
募金活動するJRCメンバー

測定結果からメタボ防止の
アドバイスを受けます
AEDを使用した
心肺蘇生法を体験


 金沢地区

開催日6月1日
開催場所アルプラザ金沢

開店と同時に多くの方がバザーに殺到。「購入することで赤十字の寄付になります。見て行ってください。」の奉仕団員の呼びかけにたくさんの方が応じ、一般の方々や奉仕団員から出品された品物を購入していました。
会場では金沢支部の無線奉仕団員が会場の警備にあたり、場内の安全に務めました。

・金沢地区奉仕団  9奉仕団 57名
十一屋校下赤十字奉仕団
長坂台校下赤十字奉仕団
富樫赤十字奉仕団
扇台校下赤十字奉仕団
額地区赤十字奉仕団
四十万校下赤十字奉仕団
中村町校下赤十字奉仕団
野町赤十字奉仕団
石川県無線赤十字奉仕団

たくさんの来場者でにぎわいました
警備にあたる無線奉仕団


 加賀地区

開催日6月1日
開催場所アビオシティ加賀

昨年と同じくたくさんの来場者が訪れ、「寄付になるバザーなので」と、両手でかかえきれないほどたくさん購入された方もいらっしゃいました。
スマトラ島沖地震復興支援の活動パネルも展示し、赤十字の活動の様子を多くの方が足を止めて見入っていました。
会場では加南支部の無線奉仕団員が会場の警備にあたり、場内の安全に務めました。

・加賀地区奉仕団  9奉仕団 69名
小松市赤十字奉仕団
加賀市赤十字奉仕団
山中町赤十字奉仕団
能美市赤十字奉仕団
白山市松任ふれあい赤十字奉仕団
白山市美川まつぼっくり赤十字奉仕団
鶴来ふれあい赤十字奉仕団
白山麓赤十字奉仕団
石川県無線赤十字奉仕団

加賀地区バザーのようすスマトラ島復興支援パネル
たくさんの来場者です


収益金は合計で1,383,655円となり、6月19日、3地区の委員長は石川県支部で事務局長に手渡しました。
バザーの収益金、募金していただいた寄付金は、日本赤十字社の国際救援活動に使われます。

ご協力いただき、ありがとうございました。

 HOME    支部案内図    入札情報    広報誌    プライバシーポリシー    サイトマップ    リンク
 TOPへ
COPYRIGHT(C)JAPANESE RED CROSS ISHIKAWA CHAPTER. ALL RIGHTS RESERVED.